ステーションワゴンの特徴

記事追加日時:2014-05-22 09:01:42

車の種類は、数多く分類分けができます。今回は、一時期すごい勢いのあった「ステーションワゴン」の特徴にせまりたいと思います。

ステーションワゴンは、セダン車のような形ですが、後席と荷室が一体になった車なんです。セダンのようにトランクルームと後席と区別がないので、ボディの形は少し長めに見えると思います。その他の部分では、そこまでセダンと差異がないとは思います。

最大の特徴である後席と荷室が一体になっている事、荷室空間がセダンから比べると広い事です。その他にも荷室空間に、長い物を積んだりする事もできます。後席が、倒れて荷室空間がより広くとる事もできる構造になっているんです。大きな荷物を積むのにも、そこまで心配いらなくなるんです。

ステーションワゴンは、実用性に優れているだけなのと少し不満に思うでしょう。でも、そんな事はないんです。スタイリッシュなフォルムをしていますし、操作性や乗り心地といった面でも、セダンと遜色ない車になっているんです。

ステーションワゴンは、メーカーによって仕様は違ってきますので、自分に合うのを見つけたいなら、各メーカーのを見て比較していいと思うステーションワゴンを選んでほしいです。

Author

  • 一言:悩みすぎるな!
    感覚とフィーリング!!

記事検索